ねっとのNEWS

日本の特殊作戦群が凄すぎる!陸自レンジャーから厳選された人材で実弾で訓練!英語もアラビア語も実用レベル

この記事は約8分51秒で読めます


wpid-hqdefault.jpg

【抜粋記事】

イスラム過激派組織「イスラム国」によって湯川遥菜さん、後藤健二さんが拘束されたとき、ネットでは「自衛隊で救出できないのか」といった意見が飛び交った。

「世界では、テロとの戦いは特殊部隊が担うのが常識だ」と話すのは、陸上自衛隊で特殊作戦群(特戦群)の創設に当たった荒谷卓氏だ。

特戦群の任務は、ゲリラや特殊部隊への対処とされている。だが、実際にはそれにとどまらない幅広い能力を持った部隊だ。隊員は、まさにエリート中のエリート。
陸自のレンジャー課程は実戦さながらの過酷さで有名だが、それを乗り越えた猛者からさらに厳選される。訓練内容などは秘密のベールに包まれており、一般隊員には伺いしれない。
実弾を相互に撃ち合うなど、ふつうでは考えられないような訓練をしているとされ、射撃や格闘の技量に関する人間離れしたエピソードが「都市伝説」のように漏れ聞こえてくる。

いま政府・自民党は自衛隊が海外でテロに巻き込まれた邦人の救出に当たれるよう、また海外で米軍やオーストラリア軍などの後方支援をできるように安全保障法制を見直そうとしている。
いずれ安倍晋三首相がいうように日本がイスラム国に「罪を償わせる」ときがきて、特戦群がそのために活躍するときがくるのだろうか。

特殊部隊にとって戦闘能力の高さは「必要条件だが、十分条件ではない」(荒谷氏)。特殊部隊の本領は、現場の情勢に柔軟に対処しながら政治的な任務をこなすことにある。

「サイバー戦から経済事情まで学ばせる。英語はできて当たり前」(荒谷氏)ということになる。海外でも特殊部隊の隊員には、一般兵士の100倍もの教育コストがかかるというのもうなずける。

それだけの人材が出番を待っているだけではもったいない。と思いきや、「特戦群は創設以来、一日の切れ目もないほど実際の任務に当たってきている」(荒谷氏)のだそうだ。
設立直後の2004年にイラク・サマワへの自衛隊派遣に同行したような例のほか、国際機関にスタッフとして派遣されるなど、海外でさまざまな任務に就いているという。「実戦経験」は豊富なのだ。

特戦群の隊員は、イラクで要人警護、部隊警備に当たりつつ、人道復興支援活動のために必要なあらゆる仕事をこなした。
そのためにアラビア語の学習、コーランや現地の礼儀の勉強も積んでから赴任したという。地元に溶け込むための努力を重ねる特戦群の隊員はイラク人からの信頼を勝ち取った。
イラクに派遣された自衛隊が無事に帰ってこられた背景には、こうした配慮の積み重ねがあった。

抜粋について


1: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:05:50.81 ID:V3+A17zB0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
イスラム過激派組織「イスラム国」によって湯川遥菜さん、後藤健二さんが拘束されたとき、ネットでは「自衛隊で救出できないのか」といった意見が飛び交った。

しかし、人質がどこにいるのかなど基本的な情報すら把握できていない以上、現実に救出作戦は不可能だった。また、政治的にも難しい。
日本政府は海外での邦人救出を実行するときの条件として、現地政府の同意を挙げている。この場合はシリア政府だが、その可能性は低いからだ。

では、仮に前提条件がクリアされるとしたら、誰がその任務を担うのか。
 「世界では、テロとの戦いは特殊部隊が担うのが常識だ」と話すのは、陸上自衛隊で特殊作戦群(特戦群)の創設に当たった荒谷卓氏だ。特戦群は2004年に陸自で初めての特殊部隊として設立され、
荒谷氏はその2年前に隊長候補に指名された。

当時すでに40歳を超えていたが、「特殊部隊とは何か」を学ぶために米陸軍特殊部隊・グリーンベレーの教育コースに自ら留学。20代の米兵がどんどん脱落するなかで、半年に及ぶ訓練をやりとげた。
帰国後に自身の理念に沿って特戦群を作り上げた荒谷氏は、麻生幾氏の小説『瀕死のライオン』のモデルとされる。
現在は退官して明治神宮の武道場「至誠館」で館長を務めているが、いまも陸自では伝説的な存在だ。

特戦群の任務は、ゲリラや特殊部隊への対処とされている。だが、実際にはそれにとどまらない幅広い能力を持った部隊だ。隊員は、まさにエリート中のエリート。
陸自のレンジャー課程は実戦さながらの過酷さで有名だが、それを乗り越えた猛者からさらに厳選される。訓練内容などは秘密のベールに包まれており、一般隊員には伺いしれない。
実弾を相互に撃ち合うなど、ふつうでは考えられないような訓練をしているとされ、射撃や格闘の技量に関する人間離れしたエピソードが「都市伝説」のように漏れ聞こえてくる。

続く
http://toyokeizai.net/articles/-/62634

 

引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425877550/


2: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:06:31.00 ID:V3+A17zB0.net BE:711292139-PLT(13121)
>>1の続き

いま政府・自民党は自衛隊が海外でテロに巻き込まれた邦人の救出に当たれるよう、また海外で米軍やオーストラリア軍などの後方支援をできるように安全保障法制を見直そうとしている。
いずれ安倍晋三首相がいうように日本がイスラム国に「罪を償わせる」ときがきて、特戦群がそのために活躍するときがくるのだろうか。

だが、特戦群の生みの親である荒谷氏は、日本が米国と一緒に対テロ戦争を戦うことには慎重な見方を示す。
「テロの根源には格差の問題があり、これに対する不満やストレスを和らげないかぎり抜本的な解決はできない」(荒谷氏)という理由からだ。

イスラム国は日本を名指しにして攻撃宣言をしており、日本も対応を迫られている。しかし、「ハイテク兵器にものをいわせる米国型の対テロ戦争は抜本的な解決になっていないし、テロの原因をより助長する。
日本はそれとは一線を画し、テロの原因を解消するための社会復興支援活動に当たるという姿勢を明確にすればいい」と荒谷氏は語る。

日本は武力行使の前面に立つよりも、無政府状態で荒廃した地域の秩序を回復して経済を復興させるための手伝いにこそ汗を流すべきで、
「こうした平和構築活動では、特戦群は世界トップクラスの力を持っているというのが荒谷氏の見方だ。

特殊部隊にとって戦闘能力の高さは「必要条件だが、十分条件ではない」(荒谷氏)。特殊部隊の本領は、現場の情勢に柔軟に対処しながら政治的な任務をこなすことにある。

続く

 


3: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:06:58.40 ID:V3+A17zB0.net BE:711292139-PLT(13121)
>>2の続き

現地の住民と交流して味方につけるのも重要な役割なので、幅広い能力が求められる。だからこそ、特戦群の隊員には3年以上の徹底した訓練が課され、
「サイバー戦から経済事情まで学ばせる。英語はできて当たり前」(荒谷氏)ということになる。海外でも特殊部隊の隊員には、一般兵士の100倍もの教育コストがかかるというのもうなずける。

それだけの人材が出番を待っているだけではもったいない。と思いきや、「特戦群は創設以来、一日の切れ目もないほど実際の任務に当たってきている」(荒谷氏)のだそうだ。
設立直後の2004年にイラク・サマワへの自衛隊派遣に同行したような例のほか、国際機関にスタッフとして派遣されるなど、海外でさまざまな任務に就いているという。「実戦経験」は豊富なのだ。

 特戦群の隊員は、イラクで要人警護、部隊警備に当たりつつ、人道復興支援活動のために必要なあらゆる仕事をこなした。
そのためにアラビア語の学習、コーランや現地の礼儀の勉強も積んでから赴任したという。地元に溶け込むための努力を重ねる特戦群の隊員はイラク人からの信頼を勝ち取った。
イラクに派遣された自衛隊が無事に帰ってこられた背景には、こうした配慮の積み重ねがあった。

世界各国の特殊部隊との交流を通じて対テロ戦の実態を熟知する荒谷氏は「テロの根本にある格差は市場経済のグローバル化がもたらしたもの。日本企業もその当事者だ」と語る。
テロや戦争と自らの経済活動とのかかわりについて、ビジネスパーソンも無自覚ではいられない時代になった。日本が国際社会でどのような立ち位置を選ぶのかを、真剣に考えるべきときが来ている。

おしまい

 


4: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:07:01.31 ID:hnJ5lhDs0.net
長い

 


6: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:10:38.11 ID:5w1KY1J+0.net
三行でまとめて

 


7: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:14:35.31 ID:1+/3Pf1c0.net
アメリカの特殊部隊ってヘッドフォンみたいなの付けてたり
ヘルメットの両サイドにピカニティーレールがあったりするけど
日本の特殊部隊って軍系も警察系も装備が一昔前だよね

 


18: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:34:56.91 ID:pR32BoTe0.net
>>7
そもそも特戦群がどんな装備を使ってるかなんて明かされてないけど何で知ってるの

 


20: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:38:02.25 ID:1+/3Pf1c0.net
>>18
特殊部隊といっただけ、特戦群に限定した話しなんてしてないけど

 


21: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:46:42.78 ID:pR32BoTe0.net
>>20
自衛隊で特殊部隊とされてるのはは特戦群だけだろ
あと警察に関しても装備を見ても言うほど一昔前とは思わないけど光学機器をちゃんと付けてるし
だいたい日本でアメリカみたいにゴテゴテの装備が必要な事件とか勘弁
それにアメリカのSWATでも常にゴテゴテ装備付けてるわけじゃないしな

 


26: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 15:07:39.35 ID:qYpkur3z0.net
>>21
そうだよね作戦に必要な装備つけてるだけで不要な重りなんてつけないのに…
まあ見た目重視のコス画像だけしか見えないミリヲタさんには軽装時の画像見てあれがないこれがないとか文句言うの

 


8: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:14:44.59 ID:j6/a3VVK0.net
何かカッコよさそうだから俺も特選軍に応募してみるかな

 


9: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:14:58.93 ID:PAZsw7gU0.net
こんな経歴の人間、現代の日本にいたんだ
驚き

 


12: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:23:24.03 ID:pqjsOpxT0.net
普通のレンジャー隊員はみるからに精悍な顔つきで体格もいい
特戦隊員は顔も体も普通に見えるらしいな
体格が良すぎると軍人とばれてしまうからな

 


16: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:28:00.05 ID:jbvv4gzQ0.net
>>12
ばれて何か問題あるのけ?
別に諜報活動行う部隊じゃなく実行部隊だろ?

 


36: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 20:43:45.96 ID:CTvCvn/x0.net

>>16
いや、諜報活動するし。
「ブラックホーク・ダウン」で短髪のレンジャー隊員に対して
デルタの隊員はみんな髪の毛長かったろ?

あれ、旅行者等にバケる為。
実際にエリック・バナ演じるフート軍曹、街で諜報活動してたじゃん。

 


15: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:26:27.80 ID:MKWbz0tr0.net
久々に五分後の世界が読みたくなった

 


19: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 14:37:31.81 ID:plZ0rxVHO.net
軍人は文字通りの文武両道で頭が良くないと務まらないのは軍事に興味のある者には常識
砲撃とか狙撃には物理・化学・天文・気象の知識が必要になる
風向きを見るのはイロハのイ以前
温度や湿度による火薬への影響から地球の自転による影響まで考慮が必要

 


31: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 16:02:37.61 ID:yaCBed+j0.net
自衛隊の個人装備が古いのは事実だな
アジアはそろって古臭い。

 


42: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 20:51:33.89 ID:S89gAdmk0.net
入るわ
どこに面接に行ったらええんじゃ?

 


52: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 21:42:50.66 ID:MPZcaMlQ0.net
自衛隊ってスナイパーいるの?

 


53: ねっとのナナシ 2015/03/09(月) 21:44:34.51 ID:uwk8gVq90.net
>>52
昔から普通にあるよ
専用の狙撃銃や専用の教育は最近だけど

 


64: ねっとのナナシ 2015/03/10(火) 02:28:17.36 ID:/RGE5mBX0.net

自衛隊は軍隊じゃないからな

 


よろしければ記事のシェアをお願いします!(σ・∀・)σ



スポンサーリンク
   

関連記事!


コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

総合週間ランキング

Sorry. No data so far.

まとめをスマホで見よう!

おーぷん2ちゃんねる

お知らせ

-------------------------
(更新日:2015年4月13日)

独自調査なども含め閲覧者の皆様に、さらに便利で有意義な情報を提供する方針で運営していくことにしました。

よろしくお願いいたします。
( ´∀`)

-------------------------

当サイトでは相互RSS・リンクを募集しています。
メールフォームからご連絡ください(^_^)

サイト説明

twitterなどのフォローも大歓迎です。
よろしければお願い致します( ´∀`)つ

【管理人より】

カテゴリー

月別で記事を探す(*゚∀゚)

アクセスランキング