ねっとのNEWS

【動画大量】BUMPのよさをお前らに教えるスレ【リンク差し替え版】

この記事は約10分48秒で読めます


dance-club-388160_1280

このまとめについて

だいぶ昔のスレッドのため多くの動画が削除されていました。
そのため動画の多くが差し替えられたいます。
1: ねっとのナナシ
BUMPはライブ下手とか言われてるけど、
確かに昔は否めなかったが今はすげー上手くなってるぞ

 

引用元: ・BUMPのよさをお前らに教えるスレ

3: ねっとのナナシ
VIPって以外とBUMP好き多いからな

12: ねっとのナナシ

一番の強みはやはり表現力

飛び抜けた技術力があるメンバーいるわけでもないし、
藤原が特別に歌唱力があるわけでもない

ただ、声質だったり歌い方だったり
耳に残るフレーズ…

聴いてるだけじゃ分からないかもしれないが、
弾いてみようとすると以外と難しいんだぜBUMPって

 

15: ねっとのナナシ

まずはアルエ

知ってる奴も多いと思うが、
これはボーカルの藤原がエヴァの綾波に恋をしてしまったときに書いた曲

アルエ→アール・エー→R・A(綾波レイのイニシャル)

BUMPの数少ないラブソングの一つである

 

19: ねっとのナナシ
BUMPは許されてRADは許されない風潮

 

21: ねっとのナナシ

まぁこれは俺の意見だが、
まともに音学をやってる人達を叩ようなく奴は視界が狭いなぁとは思う

AKBとか除いてね

RADは個人的にはそんなに好きじゃないけど
作曲力あるし、ライブも普通に上手いらしいし

売れるにはそれなりの理由があるからな

 

24: ねっとのナナシ

続いて「ノーヒットノーラン」

若者の心情を上手く表している歌詞がいい

好きな時に好きな事をして 時々休みまた適当に
歩き出していた それがいつの間にか
誰かに何か求められて 誰にも甘えられない

 

31: ねっとのナナシ

「ランプ」

これはかなり耳に残るメロディ
テンポが速いわけではないがノリがいい

BUMPのファーストシングル
廃盤で今高額で取り引きされてるから持ってる人いたらくだしあ

 

32: ねっとのナナシ
アルエ紹介するとか実はアンチだろ

 

34: ねっとのナナシ

「グロリアスレボリューション」

こちらもノリのいい曲

正直聴いただけじゃ歌詞がほとんど分からない

一時期無性にこの曲にハマってずっとリピートしていた覚えがある

 

37: ねっとのナナシ
グロレボは英語版が良かったわ

 

39: ねっとのナナシ

「Stage of the ground」

歌詞とサウンドの雰囲気がマッチしていていい

BUMPは歌詞がいいとよく言われるが
正直初期の頃は結構ストレートな歌詞が多いのでそうは思わないが、
3rd アルバム「jupiter」あたりからその頭角が現れてくる

1つめの転換期だな

 

 

40: ねっとのナナシ

「天体観測」

言わずもがな、BUMPの代名詞といってもいい曲

BUMPは知らないけど天体観測は知ってるってことも多い

ただ、最近の若いもん(中高生)はファンの中でも天体観測知らない奴が少なくないらしい

時代の流れを感じるな

 

41: ねっとのナナシ
いいからグッドラックについて何か言ってみろ

 

42: ねっとのナナシ

>>41
グッドラック?

サビかないし曲も長いけど
それを感じさせない好きな曲だが…

ただ、PVはあまり好きじゃない

 

43: ねっとのナナシ
じゃあ宇宙飛行士への手紙は?

 

44: ねっとのナナシ

「ベンチとコーヒー」

藤原がチャマ(ベース)の誕生日に贈った曲

歌詞は日常の何でもない出来事について書いてあるだけなんだが、
色々と考えさせられたりとにかく心がほっこりする隠れた名曲

 

45: ねっとのナナシ

>>43
宇宙飛行士への手紙はねぇ、
俺はBUMPで嫌いな曲ないけどこの曲は特別好きってわけでもない

まぁ好きだけど

 

48: ねっとのナナシ
曲の解説がどうでもいい内容すぎね?
主観満載でいいから、内容が欲しい

 

54: ねっとのナナシ

「ダイヤモンド」

デビューしてから1st シングル

全体的に力強い、歌い方も歌詞も

歌詞の最後に
「いつか旅に出るその時は 迷わずこの唄を リュックに詰めていってくれ」
とある通り、人生のBGMになるようなそんな曲

この曲はBUMPでは珍しくそんなに音を重ねていないので、
シンプルといっちゃシンプル

ライブでは天体観測に並んで披露することが多いと思う

 

56: ねっとのナナシ
確かボーカルがすごく中二病なんだよな

 

57: ねっとのナナシ

>>56
確かに昔は痛いというかそういう発言は多かったな

本人は本気で思っていたことなんだろうけど

でも今は落ち着いてるよ

人間変わるんだから、
昔の話してたらキリがない

 

61: ねっとのナナシ

「ラフメイカー」

シングル「ダイヤモンド」のカップリング

「K」と同じくフラッシュで有名になった曲

テンポいいし、
何よりカラオケで2人で歌うとすごく盛り上がる

ちなみにこれがA面でも別によかったそうだ

 

65: ねっとのナナシ

「ギルド」

一見暗い曲のように感じるが実は優しさも感じ取れるような、そんな素敵曲

間奏や最後に流れるチョップを意識したギターフレーズがかなりいい

 

67: ねっとのナナシ
ゼロの間奏でゲームだとFFのメインメロディー的なの流れるのにCDだとない悔しさについて

 

68: ねっとのナナシ

「sailing day」

「ワンピース デッドエンドの冒険」の主題歌

この世代は意外と知ってるひとが多いんじゃないかと

「僕らの自信作です」とインタビューで答えていた通り、
ギターもなかなか面白い構成で弾きがいがある

疾走感が非常にワンピースに合っている

 

69: ねっとのナナシ
>>67
そうなのか、知らんかった…

 

70: ねっとのナナシ

「車輪の唄」

こちらもなかなか有名なんじゃないかと…

冒頭や2番、終盤で流れているウクレレみたいな音色はマンドリンという楽器で、
以来、他の曲でも時々用いている

ギターやマンドリンも非常にシンプルだがフレーズがすごく好き

あとPVも
最後の弾き終わった後に軽く手を上げるところとかね

ちなみにチャマ(ベース)が弾いているデカいウッドベースはPVの中だけの演出なので
レコーディングでは実際には使っていない

 

72: ねっとのナナシ

「スノースマイル」

冬に聴くと素敵な気持ちになれるラブソング

ハッピーエンドではないけれども

天体観測のPVに出てきた、
メンバーの子供時代という設定の子役たちの演出を意識した場面がいくつか見られる

自転車や車の中で鍵を持ってるところなど

このアルペジオを奏でながら大好きなあの人に歌ったらあら不思議、
あなたにウットリしていること請け合いでしょう

 

73: ねっとのナナシ

「奴のシャツ」

キリンジの中でも鬱曲に入る部類

独創的なコード進行に歌詞というより詞としても見れるほど書くことがすごい

「ボタンを掛け違えたまま大人になるのは嫌ね。」 この一節はすごい

 

74: ねっとのナナシ

「ホリデイ」

シングル「スノースマイル」のカップリング

こちらも「ベンチとコーヒー」と同じく何気ない日常を歌にしたもので、
雰囲気も似ていると思います

元気を貰えるような、励まされるような曲

どちらかと言うと、
「うおおーー!!やったるでーーー!!!!」というより
「なんとなく頑張ってみようかなー、何とかなるかー」という類の

 

75: ねっとのナナシ
ホリデイいいね

 

77: ねっとのナナシ
ホリデイはいいよな
眠くなるけど

 

78: ねっとのナナシ
ホリデイは俺の中ではいちばん

 

80: ねっとのナナシ

「fire sign」

増川(ギター)が本気でバンドを脱退しようか悩んでいた時に藤原が贈った曲

・「メロディフラッグ」の旗を立てた人
・「K」の黒猫
なとが歌詞に登場し、それらを客観的に述べているのが印象的

ファンのなかでも特に人気のある曲だと思います

 

84: ねっとのナナシ

「ロストマン」

「sailing day」と両A面のシングルです

テンポは速くないむしろ遅いくらいだが、
疾走感を上手く出しているのが凄いと思う

終盤にかけてだんだんと盛り上がっていくのが気持ちいい

君を忘れたこの世界を 愛せた時は愛に行くよ
間違った旅路の果てに 正しさを祈りながら

 

86: ねっとのナナシ
ロストマン聞いてると変な虚無感に襲われる

 

96: ねっとのナナシ

「プラネタリウム」

盛り上がるような熱いところがあるわけではないけれども、
頭から離れなくなる、ついつい口ずさんでしまうそんな曲

PVは一二を争うぐらい好き

ちなみにBUMPは「宇宙」をテーマにした歌が非常に多い

 

102: ねっとのナナシ
プラネタリウムのジャケの藤原が一瞬誰かわからなかった

 

103: ねっとのナナシ

「銀河鉄道」

隠れた名曲、
カップリング性が強いけど名曲

括りとしては「ホリデイ」「ベンチとコーヒー」と同じになるかな

物語調の曲で「車輪の唄」の一場面を別の視点から描いています

寂しい時とか夜に聴くとヤバい!

 

104: ねっとのナナシ

作曲が

ややしょぼいんだよな

ノリノリな曲なら何とかなるけど

 

106: ねっとのナナシ

「supernova」

「カルマ」と両A面

曲構成然りPV然り歌詞然り独特の雰囲気を持った不思議な曲

君の存在だって こうして伝え続けるけど
本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ

君の存在だって いつでも思い出せるけど
本当に欲しいのは 思い出じゃない 「今」なんだ

 

107: ねっとのナナシ

>>104
そうかな!?

俺は一番の強みだと思ったけど

 

109: ねっとのナナシ
キャラバン、ひとりごとが良い

 

112: ねっとのナナシ

「花の名」

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の主題歌

正直、本編では泣かなかったけど
このエンドロール流れて初めて泣きました
ちなみに、64では終盤ずっと泣いてました

PVよりこっちの方が好きなのでこれ載せときますね

家族や友人、恋人、恩師
大切な人が一人でもいるあなたにぜひ聴いて欲しいナンバーです

歌詞がすごくいいです

 

122: ねっとのナナシ

「カルマ」

ご存知の方も多いと思われますが、
「Tales of the Abyss」の主題歌で有名になった曲

BUMPの中で一番激しい曲じゃないかと

そしてこれを機にこのような「激しい」曲は書かれなくなります

同時に童話調で歌い方も優しい曲が多くなり、
この時期に離れていくファンも少なくありませんでした

 

125: ねっとのナナシ
天体観測しか知らん

 

130: ねっとのナナシ

「arrows」

アルバム曲の中で一番の傑作
いや、シングル合わせてもそう言えるかもしれない

ぐらいの隠れた名曲

雰囲気としては「ゼロ」に近い

とりあえず聴いてみてくれ

 

131: ねっとのナナシ

「プレゼント」

「present from you」というカップリング集にボーナスとして収録された曲

「THE LIVING DEAD」の「opening」と「ending」はこの曲を切り取ったもので、
つまり作詞作曲されたのは随分初期の頃

「ラフメイカー」視点を描かれている

これも名曲です

 

132: ねっとのナナシ

「三ツ星カルテット」

アルバム「COSMO NAUT」の1曲目

頻繁に変調する難しい曲
確かBUMPの中で最速

この頃から演奏技術が格段に向上し、
一番音楽が変化した時期じゃないかと

短いけど最高にノリがいいからぜひ

 

133: ねっとのナナシ

「キャラバン」

一言でいえば、暗い曲
厳しい曲とも言える

胸に重くのしかかるような歌詞が圧巻

生き方について色々と考えさせられるような曲

 

134: ねっとのナナシ

「HAPPY」

個人的に3本の指に入る程好きな曲
これを聴いて更にBUMPが好きになった

歌詞は言わずもがな

自分の人生について悩んでいる人に元気を与えるような

 

135: ねっとのナナシ

「angel fall」

ゴスペル調の珍しい曲

定かではないが、
マイケルジャクソンへの鎮魂歌でないかと言われている
(タヒ亡時期と制作時期が近いこと、彼を表現しているような歌詞見受けられることなどから)

BUMPでは独特なサウンド

 

139: ねっとのナナシ
HAPPY良いよな!
大好きだわ

 

143: ねっとのナナシ

「66号線」

ラブソング臭がすごいが、実は違うらしい…

そんなことどうでもよくなるぐらいいい曲

耳に馴染みやすいし、
BUMPはスルメ曲が多いと言われているが
これは一回でハマることも多いと思う

 

147: ねっとのナナシ

「beautiful glider」

「三ツ星カルテット」と対になる
ちなみにこの2つは初めてフォーフィンガーピッキングに挑んだ曲

音程の推移が少なくて、曲調も独特

 

151: ねっとのナナシ

「友達の唄」

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」の主題歌
最近の小学生はこれでBUMPを知っているということも少なくない

面白いのが初めはリルル視点の歌詞から始まり
終盤にのび太視点切り替わること

一人称が「私」から「僕」、
二人称が「あなた」から「君」へと変わる

PVも早朝の爽やかな感じや
カメラのアングルもよくて好きです

 

153: ねっとのナナシ

「ゼロ」

これは初めて聴いた時、キタと思った
ミリオンいくんじゃないかと本気で思ったよ

まぁ余裕でいかなかったけど

それぐらい名曲

結構名曲言っちゃってるけどその中でも名曲

壮大な歌詞の世界観と曲調がFFに綺麗にマッチしてる

これは鳥肌立った

 

159: ねっとのナナシ

一つ忘れてた

「真っ赤な空を見ただろうか」

割りと有名

「涙のふるさと」よりカップリングのこちらの方が好きって人が多いと思う

ギターのサウンドが心地よい

 

161: ねっとのナナシ

長くに渡って紹介してきましたが終わり

「聴いてみようかな」っていう書き込みや「いいね」って書き込みがあった時点で
既に目的は達成しているので満足です

個人的に捨て曲が一つもなくて、
人生のBGMになれるような曲も多いし
古くなっても廃れない曲ばかりで本当にオススメ

7、8年間ほぼ毎日聴いてます

 

164: ねっとのナナシ
おつ

 

165: ねっとのナナシ

じゃあ最後に一番好きな隠しトラックww
「new world サミット」

BUMPの全てのCD(smile以外)には隠しトラックというものが存在して、
簡単に言えばおふざけ音源です…

隠しだけ聴くって人も少なくないので
まぁそれもいいんじゃないかと自分は思います

結構定評ありますからね、隠しトラックは

ではノシ

 


よろしければ記事のシェアをお願いします!(σ・∀・)σ



スポンサーリンク
   

関連記事!


コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

総合週間ランキング

Sorry. No data so far.

まとめをスマホで見よう!

おーぷん2ちゃんねる

お知らせ

-------------------------
(更新日:2015年4月13日)

独自調査なども含め閲覧者の皆様に、さらに便利で有意義な情報を提供する方針で運営していくことにしました。

よろしくお願いいたします。
( ´∀`)

-------------------------

当サイトでは相互RSS・リンクを募集しています。
メールフォームからご連絡ください(^_^)

サイト説明

twitterなどのフォローも大歓迎です。
よろしければお願い致します( ´∀`)つ

【管理人より】

カテゴリー

月別で記事を探す(*゚∀゚)

アクセスランキング