ねっとのNEWS

【驚愕】 病死した鶏も・・・期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉【話題】

この記事は約8分44秒で読めます


テンプレ

【抜粋記事】

「マクドナルドの中国産鶏肉が危ない」という、ノンフィクション作家・奥野修司氏によるルポだ。
奥野氏は、鶏を納入している養鶏場へ。

そこは
「鶏舎は日本にくらべると劣悪で、しかも一坪あたり九十羽近い超過密飼い」
「病気にならないほうが不思議」
と綴っている。
実際、“数万羽の鶏が大量死”し、すでに鶏の気配すらなかったという。

上海の獣医はこのように推測している。
「成長ホルモンや抗生物質が鶏に過剰に投与されていたことが問題になって以来、河南大用がこうした薬物を簡単に使えなくなったために大量死したのでしょう」
中国の場合は、出荷前に抗生物質を鶏が排出する「休薬期間」が設定されていない。

しかも、抗生物質よりも「はるかに怖い」のが有機塩素だ。
“中国の土壌ではいまだに高レベルで残留”しているという。
奥野氏の取材に対して書面回答した日本マクドナルドの答えは、

〈中国内ではサプライヤー(製造者)、および検疫局が法定残留基準から所定の頻度で鶏肉、加工品について残留検査を行っています〉

という無責任ぶり。
これには奥野氏も疑問を呈している。

抜粋について

1: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:29:43.02 ID:???0.net
いま、品質保持期限切れの鶏肉が供給されていた問題が世間を震撼させている。
上海の食肉加工会社「上海福喜食品」が消費期限の切れた鶏肉をチキンナゲットなどに加工して供給。

この会社から約2割の「チキンマックナゲット」を輸入していたと公表した日本マクドナルドをはじめ、
同会社から仕入れた材料を使用していたコンビニ大手・ファミリーマートも「ガーリックナゲット」「ポップコーンチキン」の販売中止を決定した。

この問題が発覚したのは、上海テレビによる潜入取材がきっかけ。そこに映し出されていたのは、あきらかに腐敗が進んでカビが生えている青い色をした肉や、
床に落ちた肉を生産ラインに戻すなどのずさんな工場の実態だった。「あんな肉を食べていたかもしれないなんて……」と、ぞっとした人も多いはずだ。

しかし、マクドナルドの鶏肉は、消費期限切れどころではない「危険」をはらんでいることをご存じだろうか。

警鐘を鳴らしているのは、『中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド』(『週刊文春』特別取材班/文藝春秋)におさめられた
「マクドナルドの中国産鶏肉が危ない」という、ノンフィクション作家・奥野修司氏によるルポだ。

まず、ルポのはじまりは昨年1月に遡る。中国のネット上で、中国の巨大鶏肉加工企業・河南大用食品グループが
「病気で死んだ鶏を長期にわたって加工販売し有名ファストフードに売っていた」という噂が流れた。この疑惑が飛び火したかたちで、
日本マクドナルドは「鶏肉原料の一部に河南大用食品グループの鶏肉を扱っている」と取材に対して認めたのだ。

果たして河南大用食品グループの実態はどうなっているのか──それを確かめるべく奥野氏は河南大用の加工場に取材へ向かうのだが、
行き先をタクシー運転手に伝えると、「あそこは本当に汚いから行くのは嫌なんだ」と顔を歪めたという。
しかし、周辺住民に病死した鶏について尋ねても、口止めをされているようで口は固かった。

さらに奥野氏は、河南大用に鶏を納入している養鶏場へ。そこは「鶏舎は日本にくらべると劣悪で、しかも一坪あたり九十羽近い超過密飼い」。
奥野氏も「病気にならないほうが不思議」と綴っているが、実際、この養鶏場では取材時、“数万羽の鶏が大量死”し、すでに鶏の気配すらなかったという。

謎の鶏の大量死。その理由について、上海の獣医はこのように推測している。
「成長ホルモンや抗生物質が鶏に過剰に投与されていたことが問題になって以来、河南大用がこうした薬物を簡単に使えなくなったために大量死したのでしょう」

つまりはこうだ。陽もささないぎゅうぎゅう詰めの養鶏場では鶏はすぐに病気になるため、病気にさせないために抗生物質を使用する。
日本でも抗生物質を使う業者もあるというのだが、中国の場合は、出荷前に抗生物質を鶏が排出する「休薬期間」が設定されていない。
いや、実際は休薬期間が定められているが、「(休薬期間を)守っていたら半分は死んでしまう」(中国の畜産指導員のコメント)というのだ。……

この話は、当然レアケースではない。まさに中国の鶏は抗生物質漬けにされているといっていいらしい。
しかも、抗生物質よりも「はるかに怖い」のが有機塩素だ。有機塩素系の農薬や殺虫剤は毒性が強いため70年代に世界中で禁止され、
中国でも83年に禁止されているが、農薬としての効き目から「実はいまだに使われている」。

そして、“中国の土壌ではいまだに高レベルで残留”しているという。こうした汚染された土地で獲れた穀物を鶏が食べれば、「約十倍に濃縮」されるのだ。

こうした鶏肉の安全性を、日本マクドナルドはどのように確保しているというのか。

「抗生物質の使用についてどのような検査体制を敷いているのか」という奥野氏の取材に対して書面回答した日本マクドナルドの答えは、
〈中国内ではサプライヤー(製造者)、および検疫局が法定残留基準から所定の頻度で鶏肉、加工品について残留検査を行っています〉という無責任ぶり。

これには奥野氏も「日本の検査体制ですら決して十分ではないが、中国はさらに下を行く。
その中国で、検査を中国の業者と中国政府に任せて、安全といえるのだろうか」と疑問を呈している。
http://lite-ra.com/2014/07/post-272.html

 

引用元: ・【話題】 病死した鶏も・・・期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉

56: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:42:58.70 ID:5Cd55t8z0.net
>>1
マクドナルドにファミリーマートここまで酷かったとは

 

174: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:01:26.55 ID:rN2oBZ6eO.net
>>1
致命傷だな。もう二度と食べません。

 

2: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:30:43.98 ID:v59mp1l40.net
まるで中国政府がやることの縮図だな。めちゃくちゃ。

 

11: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:32:25.23 ID:dtIYn/Yw0.net
昔、そういや
病死牛肉騒動あったな

 

33: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:37:16.64 ID:v4nHqJvCi.net

>>11
昔ってか比較的最近だよね

狂牛病で死んだ牛を、牛の飼料に混ぜて牛に食べさせて、
その肉を食った人が狂牛病に感染しちゃったんだよね。

 

20: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:34:43.86 ID:v4nHqJvCi.net
皆美味しく食べてたなら問題無い
油であげるから菌も死ぬ

 

942: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 16:02:08.17 ID:CBOom3q40.net
>>20
馬鹿か、使われた薬品の成分はどうにもならないぞ。

 

39: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:38:40.98 ID:rK56k5EJ0.net

腐ってるのは肉だけじゃないよ

中国人が腐ってるんだよ

 

73: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 12:46:18.86 ID:yn2O3Nc1O.net
>>39
偽装表示はジャップも得意だからな
病死肉を殺菌洗浄漂白すれば、からあげクンの出来上がり

 

296: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:19:21.27 ID:eio7ipCM0.net
安かろう悪かろうは本当だった。w

 

300: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:19:47.78 ID:ok6neBkC0.net
昔マックのナゲットは全部中国産と聞いて食べるの止めたが正解だったな。
今は全部中国産じゃない事の方が驚きだが本当なのか?

 

307: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:20:52.72 ID:NqeGWY+C0.net
残飯も5%までなら混ぜても問題なし
くらいやってても、もはや不思議じゃない

 

359: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:29:39.53 ID:XNd5U6Y10.net
あの緑に変色してた牛肉
それはどこに納品してたのか、そのほうが個人的に気になる

 

379: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:32:01.08 ID:KfRFvu5g0.net
子供にお昼せがまれるようなCM放送しておいて
子供には絶対に食べさせたくないな
もう2度と行くことはないだろう
マクドは反省して1ヶ月くらい全店営業停止した方がいい

 

392: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:34:28.91 ID:XAndvAL70.net
>>379
というか、これだけの問題が明るみになっても営業停止になってないんだね。

 

394: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:35:04.58 ID:D+g7A4At0.net
つかこれ中国人のヤラセじゃないの?出荷量あたりのクレーム(異物、生菌数)
数が他の企業と比べて多いデータがあれば証拠になるが・・・。

 

484: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 13:53:16.28 ID:0F6ubzG50.net

原材料

大豆(遺伝子組み換えでない)
鶏肉(病死でない)

 

528: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:02:35.71 ID:YbFYTkXR0.net

マックの店舗では解凍したり、揚げてるだけだし
保健所が立ち入ったとしても
加工食品まで検査するもんかね?

マック自体も加工工場の問題だから
知らない又はすべてを確認することはできないを通すんだろ

 

538: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:03:47.90 ID:z2lstFjL0.net
国産なんて別に高くないよ。
マクドナルドの社長に4億円、
本部社員が六本木で豪遊するお小遣いまで払う事考えたら、
スーパーの国産素材なんて安いもんだ。

 

547: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:05:41.98 ID:osSgb62e0.net

何かマックから二通もお詫びメールきたわ

今回の事はマジで企業傾くレベルだから必死なんか?

 

554: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:07:57.93 ID:2p3Xeyxk0.net

マックはそもそも、あの規模の経営をしておきながら
契約農場も自社工場も持っていないという舐めっぷりだからな

ケンタッキーとかサイゼリアとか、たいていの外食産業は
安いなりに自社工場で加工しているっていうのに

 

583: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:14:08.96 ID:Gw+vvD8X0.net
数年前の鳥インフルで死んだやつも混ぜてたのかな?
加工品の原産地表示もやってほしい

 

609: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:20:19.81 ID:eKzZdOoR0.net
まあなんだかんだで雪印も不二家もつぶれてないし
消費者の力(笑 ってことなんだろうな
何かあってもすぐ忘れる、人の噂もなんとやら
そりゃなめられますわ

 

612: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:20:39.57 ID:B9XHk7P40.net
安さの秘密がバレてしまった

 

639: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:27:06.34 ID:/dXaTrik0.net
ついでにハンバーガーの肉も調べろ

 

653: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:32:57.01 ID:9HmV5fNQ0.net
摘発されるのはごく一部。輸入食品の検疫検査は全体の1割。
つまり、あとの9割はチェックをかいくぐって市場に出回っているのである。

 

669: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:37:17.88 ID:9HmV5fNQ0.net

毒ギョーザ事件以降、
各メーカーではHPに原産地を公開したり、
消費者からの問い合わせにも答えるようになってきたりしている。

積極的に情報を公開しているか、していないかで、
購入を考えるのも手だろう。

 

700: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:45:23.10 ID:BRcs8Acc0.net

何を今更。
何年も前からわかってたことだろ。

俺も何年も前に書き込んでたぞ。
マクドのナゲットは中国製だからこういうことが絶対にあるからと。

 

739: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:54:21.51 ID:FsoPDvKm0.net
マクドやファミマの鶏肉で病気になった人が未だゼロってのは凄いね色んな意味で。
害が出るときは一気なんだろな、取り返しのつかない形で。

 

746: ねっとのナナシ 2014/07/24(木) 14:56:05.06 ID:ZvEhP26aI.net
なんか怖い

 


よろしければ記事のシェアをお願いします!(σ・∀・)σ



スポンサーリンク
   

関連記事!


コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

まとめをスマホで見よう!

おーぷん2ちゃんねる

お知らせ

-------------------------
(更新日:2015年4月13日)

独自調査なども含め閲覧者の皆様に、さらに便利で有意義な情報を提供する方針で運営していくことにしました。

よろしくお願いいたします。
( ´∀`)

-------------------------

当サイトでは相互RSS・リンクを募集しています。
メールフォームからご連絡ください(^_^)

サイト説明

twitterなどのフォローも大歓迎です。
よろしければお願い致します( ´∀`)つ

【管理人より】

カテゴリー

月別で記事を探す(*゚∀゚)

アクセスランキング